気になる女性を自宅へ誘う口説き文句はネコ!そんなネコを飼う際に2つの注意点を紹介

更新日:

この記事は2で読めます

shutterstock_325858112

今、世界中で猫が大ブームのようですが、女性を自宅に招く際に友好的な方法としても話題ってご存知ですか?

「ネコを飼っているよ」というだけで、「見に行きたい!」と多くの女性は乗ってきます。
これだけでも会話のネタとして長く続けられます。

ガラスが嵌っているような透き通ったつぶらな瞳、やわらかな温かい身体。
ネットを開けば、そういった可愛い猫の写真や動画が溢れかえっています。実際に癒やされますよね(^^)
日本では犬の飼育頭数が猫を追い越したとか。

しかし一方で、保健所で殺処分されてしまうペットの数は後を絶ちません。
そこで、男性を自宅へ招くために「猫を飼ってみたいな」と考えている方に、”猫ってこんなに大変!”という事をご紹介したいと思います。

猫は生きています!

「何を当たり前の事を」と笑われそうですが、意外と分かっていない人が多いんじゃないのかな、
と思うのです。
「ブームだから」「可愛いから」と安易に飼い始め、
「思っていたのと違う!」と言って手放してしまう人が、今、保健所で悲しい運命にあっている動物たちを作っているのでしょう。
我が家にも猫が1匹いますが、まだ子猫なのでやんちゃ盛りです。
カーテンに飛びつくわ、うんちが出たといって部屋で運動会を開催するわ…。
猫はとにかくイタズラをします。猫にとってはイタズラだと思っていないからです。
ソファーで爪研ぎをしてしまうなら、専用のものを用意。
ものを落として遊んでしまうのなら、別の場所に移動。
等、飼い主が常に対策を考えて動かないといけません(もちろん、しつけは別ですよ)。
どんなに可愛くとも、猫はぬいぐるみではありません。
その事を十分に”覚悟”して下さいね。

意外とかかる、”お金”

猫は、子猫のときは年2回、その後1年ごとに予防接種の注射をします。
猫白血病や、猫エイズ等の予防の為です。
我が家の猫は、5種混合と猫エイズの注射で大体2万円ほどかかりました(住んでいる場所によって変わるようです)。
その他にも、ノミ取りの薬やトイレ砂、おもちゃやもちろんエサ代も。
繁殖をさせない為に、避妊・去勢手術が必要になる事もあるでしょう。
そういった出費に加え、もしも病気にかかったとしたら。
動物には保険がききませんので、全額負担になります。
ペット保険等に加入していたら違うのでしょうが、そうでない場合は毎回高額な料金が請求されます。
「病気になったから捨てる」と言って、保健所に連れて行かれる動物も多いそうです。
そんな悲しい子たちを出さないようにしたいですよね。
”覚悟”はいいですか?

まとめ

気まぐれで自分勝手でイタズラ好きで、でもたまらなく可愛いのが猫。
毎日なにかしら笑わせてくれるし、柔らかな身体をなでていると、気持ちがすうっと落ち着いてきます。

色々と書きましたが、やはり猫がいるのといないのでは、女性を誘う際のノリが全く違うものです。
大変なこともありますが、それ以上の喜びや出会いも大きいものです。
皆さん、ぜひ猫と飼って無料出会い系アプリでの活動に活かせて下さい。

-コラム
-,

Copyright© ネットの出会い塾 , 2017 AllRights Reserved.