コンドーム

性病の予防を徹底しよう

割り切りの時は性病のリスクに気をつけましょう。恋人や夫婦でセックスをする場合とくらべて、格段に可能性が高くなっています。

風俗よりも注意したい 割り切りの性病リスク

援助交際をしている女性はたくさんの男性と寝ているため、それだけ感染しているリスクがあります。ましてや風営法にもとづいてしっかりと運営している風俗と違って管理されていない環境のため、確率はさらに高くなるでしょう。

感染すると男性器から膿がでる、排尿時に痛みがといった症状が現れます。これらを放置してしまうとさらに強い痛みや炎症、高熱を起こし、不妊症の原因となることも。

さらに恐ろしいものはエイズ、毎年日本でも患者が増え続けているようです。1度のセックスで一生を左右される事態になりかねないため、必ず対策しておきましょう。

コンドームを使って予防 感染時はすぐに病院へ

セックスの前にはシャワーを浴びましょう。身体に付着している病原菌を落とすには、お湯を少し高めの温度にして浴びると良いと言われています。身体を洗わずにフェラチオをさせる即尺というものがありますが、相手に感染させてしまう恐れがあるため止めましょう。

コンドームは必須です。よく勘違いされがちですが、口の中にクラミジアをはじめとする病原菌を持っていることがあるため、オーラルセックスやディープキスでも感染します。また、粘膜や愛液が付着している素股もリスクがあります。

もっとも注意すべき原因の1つが血液干渉です。そのため、お互いの口の中や性器に傷があったら注意しましょう。ほかにも相手の女性器にイボやぶつぶつがある、悪臭がする、ヨーグルトのような泡状のおりものがあるなどがあったら、相手に失礼を承知でもプレイを断るようにしたほうが良いでしょう。

万が一「かかったかな?」と思ったらすぐに病院に行くようにしましょう。「忙しくて行けない」という場合は自宅で使える検査キットが販売されているためそちらを使いましょう。どちらにせよ、放置しておくことがもっとも危険です。

コンドームを使い、危険なプレイを避けることで性病のリスクを軽減できますが、それでもけっして確実ではありません。割り切りの募集に応える時は、性病にかかる可能性を十分に意識しましょう。