zyosei5

割り切りで会うと逮捕されるのかを調べてみた

割り切りをする中でもっとも気になるところの1つが法律です。多くの方が反社会的なイメージを抱いている一方で、実際におこなっている方がたくさんいます。実際に調べてみると、どうやら相手の年齢や勧誘方法によって逮捕される時とされない時があるようです。

逮捕されないパターン

お互いが18才以上の男女で、さらに合意を得ている場合はほとんどの場合逮捕されません。これは売春行為ではあるものの、それを証明できないためです。

たとえば、男女が自由恋愛で出会ってセックスし、お小遣いやプレゼントでお金や物品のやりとりがあってもそれは罪ではありません。この点において、割り切りと自由恋愛の2つの区別を明確につけることは困難です。

ただし、援助交際に反社会的な面があるということは変わりません。いつ警察が本格的に取り締まりを始めたり、法律が改正されたりするかも分からないため、知人に吹聴したりSNSに書き込むといった度が過ぎた行動は控えた方が良いでしょう。

逮捕されるパターン

18歳未満の児童と性行為をおこなう

ほとんどの場合、全国の自治体でそれぞれ定められている青少年保護育成条例に違反します。さらに、金品を渡していた場合は児童買春罪となります。13歳未満の児童だった場合、お互いの合意があっても強姦罪が適用されます。

18歳未満の児童を性行為に誘う書き込みをする

出会い系サイト規制法に違反します。ここで大切なことは、書き込みをした時点で違法となることです。実際に行為をおこなったかどうかは関係ないため、冗談でも書き込むことがないようにしましょう。

上記のパターンもあわせると罰則のレベルには差があるものの、基本的に18歳未満が絡むものはすべてNGと考えて良いでしょう。これらの法律に違反しないためにも、実際に出会う女性が本当に18歳以上かということは必ず確認する必要があるでしょう。

掲示板で堂々と援助交際の相手を募集する

売春防止法において罰則がある「公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること」に当てはまる可能性があります。

これに関しては実際に書き込みをしているユーザーはたくさんいますが、いつ逮捕者が出てもおかしくはないためあからさまな内容は避けるべきでしょう。「条件付きで」「これから会える人」などといった隠語を上手に使ってカモフラージュしていきましょう。

これらのほか、売春を管理してあっせんしている業者は売春防止法違反となり刑事罰の対象になります。また、相手を脅して金品を奪う、もしくは暴行、換金を行うといった行為はもちろんのこと違法です。

たくさんの男女が行っている援助交際、実際には「自由恋愛と区別できず、処罰のしようがない」というところが大きいようです。ただし、18歳未満の青少年が絡むようなら一発でアウトになります。相手と出会う時は必ず年齢を確かめ、万が一危険なだった場合はすぐにでも関係を切ることを心がけましょう。