セフレから本命の恋人になるために、やっては行けない行為とは?

投稿日:

この記事は1で読めます

news_964
恋人になりたいあまり、やったことが裏目に出る場合もあります。
彼女との好きの温度差をしっかりと計りましょう。
特に、“嫌われないこと”ばかりを考えた行為は絶対にNGです。

気持ちの温度差があるうちは、特に慎重になりましょう

あなたがセフレ→本命候補に燃えていても、相手の女の子は、変わらずあなたのことをただのセックス相手と思っています。
この差を冷静に把握していないと、あなたが良かれと思ってしたアプローチが、全て“重い・ウザい”行為となってしまうでしょう。

相手の気持ちに恋愛感情が入っているかは、女の子の口数で分かります。
好きな相手には自分のことをもっと分かってもらいたいと思うのが女ゴコロ。
あなたに少しでも好意があれば、彼女は必ず自分の話をしてきます。
おしゃべりが少ないうちは、まだあなたとはセックスだけの関係。
あまりアプローチをせず、じっと待ちましょう。

嫌われないように…とビクビクするのが最も逆効果です

関係を解消されることを避けたい気持ちから、“嫌われないこと”にばかり集中すると、逆効果です。
ビクビクしたあなたの言動に、女の子は気持ち悪ささえ感じてしまいます。
セフレ関係が終わるのも時間の問題でしょう。
気持ちはいつもポジティブに、好きになってもらうにはどうしたら良いかを考えましょう。

セフレ関係をキープしつつ本命に移行するのは、簡単ではありません。
関係解消のリスクを考え恐る恐るといったアプローチになりがちですが、前向きな気持ちを忘れずに過ごしましょう。

-コラム
-, , ,

Copyright© ネットの出会い塾 , 2017 AllRights Reserved.