神待ちのサイトや掲示板は出会えるの?→全てサクラなので出会えません

投稿日:

この記事は10で読めます

「神待ちって危ないイメージがあるような・・・」
「本当に家出少女と会えるんですか?」

こういった疑問を持つのは正解で、神待ちを謳っているサイトはサクラ詐欺サイトばかりです。

世の中の出会い系掲示板で「神待ち」というワードが書いてあったら、それはすべて悪質サイトだと思って問題ありません。

今日はそのようなサクラ手法のなかでも、いろいろな意味で危ない神待ち詐欺を暴露していきます。

きちんと出会うためには、こういった罠をあらかじめ知っておいて、それを避けることが重要です。
出会いたい気持ちが先行して騙されがちですが、そうなると結果的に出会えません。
出会うためには、まずは出会い系全体を把握し、出会えない行動を避けることが重要です。

出会いに直結するやり取りをするためには、出会えないやり取りをなくすことが重要なのです。

そもそも「神待ち」の意味とは


まずは神待ちの意味ですが、「神」とは家出少女に食事や宿泊場所を提供する男のことです。
そういった少女が神を募集する行為を神待ちと呼んでいます。

家出中の女子たちはお金もなく泊まるあてもないので、ネット掲示板などでカカオやLINEのIDをさらして神を募集します。

神待ちの仕組みを以下にわかりやすく図式化しました。

非常に簡単な仕組みで、要するに男性が止まる場所を提供して女性がそこに泊まります。
宿泊費は身体で支払うということで、アダルトビデオでよく見るやつです。

ただし、実際はアダルトビデオほどうまくはいかないので、期待していると足元をすくわれるようになっています

これが表向きのシステムです。

しかし、実態は男の妄想と下心を上手く利用した巧妙な騙しの手口です。
まずこのように知らない男性の家に泊まりたい女性は普通ではありません。危険極まりない行為ですし、本当にこのような女性がいたとすれば、メンヘラ、もしくは感覚が狂っている女性です

また、上の図のようなサイトを運営すれば、すぐにサービスが終了するでしょう。
警察が放っておくことはないでしょうし、今の時代はネット上の情報がすぐに明るみになります。
バレないようにサイト運営することは不可能なので、違法なサイトを運営することはできないです。

図のようなサイトは確実に児童買春の斡旋になり、極めて違法性の高い危険なサイトと言えます。
芸能界などでも、未成年と関係を持って無期限の活動停止になる人がわりと多いです。

人気芸人や人気俳優でも最近未成年との不適切な交際によって、活動を自粛している人がいます。
人気芸人の方は相手が未成年と知らずに交際していたようですが、それでも活動を自粛せざるを得ない状況に追い込まれました。

また俳優の方は本当に最近未成年と不適切な関係を持ったことが問題になりましたが、復帰はかなり厳しいでしょう。
法的にも問題ですし、世間もなかなか許さないと思われます。

いたいけな少女に救いの手を差し伸べて、身体をいただこうと男性は考えているのですが、そんなことはないのが現実ですね。

アダルトビデオから始まった妄想と言えるでしょう。

冷静に考えればわかることですが、食事や家に泊まらせるのと引き換えにおじさんにやらせる女性はいないです。

そもそも本気で体を売るのであれば、普通に援助交際した方が合理的でお金も貯まります。
つまり、アダルトビデオの見過ぎで妄想をふくらませたおじさんが、サクラの餌食になっているのです。

そんな妄想を抱くのであれば、PCMAXなどの健全なサイトで普通に出会った方が良いでしょう
そういったサイトで交渉すれば、即エッチすることも可能です。

本物の神待ちサイトが存在しない理由

そもそも家出少女って何歳でしょうか?

突発的に家を飛び出し、お金もない、食事もない、泊まるところもない。
友達の家に泊まるでも住み込みのバイトを探すでもなく、男性の家に泊まろうとする・・・
冷静に考えればありえないシチュエーションであることが容易にわかるはずです。

そして、こんな危険な出会いを推奨するサイトがあれば、すぐに問題になります。
どう考えても家出少女のリスクが大きすぎます。誰だかよくわからない男性の家に急に泊まるのはリスク以外のなんでもないでしょう。

端的に言えば、これが本物の神募集サイトが存在しない理由です。
出会い系規制法もなく規制が全体的に緩かった90年代には、実際に神待ちスポットがあったようです。

渋谷、新宿、池袋、横浜、大阪、札幌、名古屋、仙台、福岡、などの主要な都市に行けば、神待ちしている少女がいたようですね。

しかし、今の日本で神待ちはいません。情報が筒抜けになる時代なので、そのようなサイトを運営していれば、即刻閉鎖されます。

つまり、今も神待ち募集を謳っているサイトがあれば、それはサクラが待っています、と言っているのと同じです。

神待ちサイト=サクラ待ちサイト
と言っても過言ではありません。

警察はサクラはそれほど取り締まりませんが、児童買春にはかなり目を光らせています。

神待ちと言いながらサクラがいるのは警察にとっては目を背けられるレベルのやり取りです。
しかし、本当に神待ちしていれば、それは警察としては黙ってはいられません。

神待ちサイトを謳っているものは今でもネット上にありますが、警察が介入しないのはそれがただのサクラサイトとわかっているからです。
もちろんサクラサイトも良くないのですが、法的には神待ちの方がアウトだという話です。

もしもセーラー服やブレザーの女性とおじさんがラブホ街を歩いていれば、すぐに職務質問されるでしょう。

サクラに騙されるのはおじさんの責任でもありますが、神待ちサイトで実際に女性を募集すれば、それは女性の責任ではありません。
まだ未成年なので、募集したサイトが完全に悪いのです。

サクラだらけの何倍も神待ちサイトは違法性が高いことになります。
そんなリスクだらけのサイトを運営するくらいなら、素直にサクラでおじさんを騙す方が業者にとっては圧倒的にメリットがあるのです。

サクラに騙されたくない方は、当サイトを見て、悪徳サイトの手口や出会い系の常識を学習してください。

出会い系でのやり取りは自由ですし、うまく一般の女性ユーザーと仲良くなれば出会えます。
いろいろなテクニックはありますが、最終的にはその人の個性を活かしたやり取りになるでしょう。

しかし、出会い系でやり取りする上では、出会えないやり取りだけは絶対に避けなければなりません。
サクラとやり取りするのは論外ですし、そもそもの出会い系の全体像を理解せずにむやみにやり取りするのは時間と労力とお金の無駄です。

先人たちがいろいろな知識をネット上にもストックしているので、そこから適正な学びを得て、実践していくことをおすすめします。
そのため、「出会うためのやり取り」「出会えないやり取り」の両方を学習し、出会うためのやり取りだけを行ってください。

この記事で紹介しているのは出会えないやり取りの方なので、避けるべきやり取りになります。

掲示板と言いつつ悪徳出会い系へ登録


掲示板であれば、自由に書き込んだり書き込みを見たりすることができます。

しかし、神待ち掲示板を検索しても、掲示板形式のサイトはまったく見つかりません。

出てくるとすれば、神掲示板を紹介すると言いながら、悪徳出会い系サイトに誘導する詐欺サイトくらいのものでしょう。

そんなところに自分の情報をさらしたところで、業者からメッセージが来るだけです。
あまり知らずに書き込んでいる男性がいると、本当に見てられない感じがします。

無残にネット上に個人情報をさらして、それを見た人々はさぞかし哀れに感じることでしょう。
いい歳してサクラの簡単な罠にはまっているわけです。
しかも下心丸出しで低レベルな罠にはまっているので、下心と思考力の低さが同時にあらわになるわけです。
まさに恥さらしと言えます。

神待ちはまさにギャグの領域で、神待ちに期待している人は日本の人口のなかでもごく一部です。
ある意味神的な能天気さと言えるかもしれませんね。

出会い系で出会うためには、相手の女性の立場に立って考えることが重要です。
これは「相手の気持ちを思いやることが大切」とかそういったことではなくて、相手の心情を考えなければ適切にアプローチすることが不可能だからです。

相手の気持ちが大切だから考えると言う意味ではなくて、出会うための戦略を立てるうえで、相手の心情は最重要な要素になります。
こちらがどのようなメッセージを送ったら、相手はどう思うかという話ですね。

冷静に考えればありえないことがすぐにわかるでしょう。

基本的に出会い系サイトは未成年の利用は法律で禁じられており、多くのサイトは年齢確認のための身分確認を行っています。
その状況下で、神待ちサイトを運営することは不可能で、本当に運営すればすぐに摘発されます。

神待ちサイトのまとめサイトは、要するに詐欺サイトです。

ヤフー知恵袋でも神待ちサイトで出会えたと言う口コミはありますが、自作自演です。

もちろんネット上にある多くのサイトは広告収入などを目当てに運営されているので、偏った自作自演が横行しています。
しかし、自作自演は何も広告目当てのサイトだけではないのです。知恵袋でも自作自演が行われています。

よく知恵袋でサイトurlを張り付けているものがありますが、それは高確率で自作自演です。知恵袋で洗脳し、同時に自分たちのサイトに誘導しているのです。

ネット上の情報は嘘ばかりと言われますが、嘘ばかりではありません。
有益な情報を提供しなければ検索エンジンから嫌われるので、多くの人は適正な情報を書いています。

しかし、それでも自分たちに都合の良いように情報は書き換えられるでしょう。
当たり前ですが、サイト運営者の目的は収益です。ビジネスでやっているので、自分たちに都合の良いように情報を提示するのは当然のことです。

出会い系は特に自作自演が多いですが、美容商品などでももちろん自作自演が多いです。
たとえば、脱毛などは、毛深い人は嫌われる、ということを過剰にあおります。
口コミなども、自分たちのサイトにとって都合の良いものばかりを持ってくるでしょう。

テクニックとして、わざと逆に情報を持ってきて信憑性を増す方法もありますが、基本的には自分たちの主張を通したいのです。

神待ちサイトを謳っている業者は、悪徳な詐欺アプリに誘導したいので、都合の良い情報のみ提示し、さらにはヤフー知恵袋などに自作自演の投稿を行い、それを一般の口コミのようにサイトに引用します。

ヤフー知恵袋に自作自演 → サイトのリンクを貼る → サイトに自作自演のヤフー知恵袋の投稿を貼る

というように、ヤフー知恵袋を営利目的に利用しています。
自分たちのサイトと知恵袋を自作自演で相互に紹介しているのです。
行き過ぎたことをするとグーグルからペナルティを受けますが、今のところは詐欺サイトがうまく運営されていることも多々あります。

冷静に見ればすぐにわかるので、引っ掛かる人も悪いと言えるでしょう。

そんな自作自演にはまるのは、下心丸出しで、それしかない人です。
いったん下半身を抑えて頭で考える必要があります。

出会い系は基本的なルールを抑えれば出会うのは簡単なので、最初に基本を押さえておくのがおすすめです。基本をおさえておけば、騙されることなくスムーズに出会えるでしょう。

サクラ神サイトに引っかからないために


基本的には神待ちを謳っているサイトはすべて回避することです。

完全にサクラですし、そんな方針で運営しているサイトは騙す気しかありません。

普通の出会い系サイトで神待ち募集と書いている女性ユーザーがいるかもしれませんが、それもサクラの可能性が高いです。

仮にサクラではないとしたら、ある意味その方が問題です。
神待ちに応じた瞬間その人は犯罪者になるので、まだサクラの方が法的にはマシなのです。

優良な出会い系サイトは登録時に年齢確認をするので、18歳未満とのやり取りはできなくなっています。
多くの悪徳出会い系サイトに年齢確認がないのは、実際に出会うことができないからです。
サクラしかいないようなサイトであれば、未成年の被害も起こりようがありません。

出会い系サイトを安全に利用するためには、きちんと年齢確認を行っているサイトを利用してください。
そして、PCMAXがおすすめです。

-コラム, サクラの見分け方と撃退方法
-, , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© ネットの出会い塾 , 2017 AllRights Reserved.