出会い系を稼ぎ場としている悪質な「業者」の実態と呆れるその手口とは?プロフに騙されてはいけません!

更新日:

この記事は6で読めます

この記事の内容をざっくりとまとめると、
・多くの出会い系サイトにサクラが存在する
・業者の目的と手口を知ることが重要
・サクラかどうかを冷静に判断する
ということです。

よくあるサクラの手口には特徴がありますし、どのサイトにもいるので慣れれば見分けが付くはずです。しかし、事前にサクラのやり口を体系化して把握しておくと良いでしょう。
そうすることで、サクラの多いサイトを避けることもでき、様々なサクラの手口に対して敏感に察知できるようになります。

出会い系を稼ぎ場としている業者の手口は、いくつかあります。それらを列挙してみます。

  1. 電話番号やアドレスを回収して売る
  2. 自分たちの運営する出会い系サイトに誘導する
  3. メッセージのやり取りを伸ばしてポイントを消費させる
  4. あげ足を取って脅す

代表的なものはこのような感じです。それではひとつずつ見ていきましょう。

解説

回収したら用済みの個人情報収集業者

まず①の電話番号やアドレス回収に関してですが、出会い系サイトで電話番号やアドレスを聞き出そうとしてきます。主に女性アカウントが男性アカウントに対してやっていることですが、「会いたいからアドレス教えて」といったメッセージを送ります。

そして、いざアドレスや電話番号を教えると音信不通になります。このような業者は個人情報を売るのが目的なので、回収したら用済みになります。アドレスを教えてしまうと、迷惑メールが来るようになるかもしれません。

悪質サイトへの誘導業者

②の自分たちの出会い系への誘導に関してですが、出会い系サイトはユーザーを取り合っています。他の出会い系サイトに入って行って、ユーザーを奪おうとします。しかし、そのようなことをする業者は悪質で、誘導されてサイトに登録するとそこでもまたサクラにはめられることになります。
誘惑されてポイント消費されたり、急に多額の請求を突きつけられたりする可能性があります。

ポイント消費を目的とした業者(所謂サクラ)

③のメッセージのやり取りに関してですが、これはその出会い系サイトのサクラです。①や②は外部から入ってきている業者の場合が多いですが、③に関しては内部です。出会い系サイトの運営者や運営者が雇った人物がサクラをやっているので、ポイントを消費させようとします。当然やり取りするメリットはまったくありませんし、内部にサクラがいる出会い系サービスはまず利用を辞めた方が良いです。
外部からサクラが入ってきてしまうのはある程度は仕方がないのですが、サイトの運営側にサクラがいるのはサービスとして成立していません。

脅してお金を請求する

④の脅迫に関してですが、これも内部や外部のサクラがやっていることです。たとえば下ネタのようなメッセージを女性アカウントで男性に送り付け、それに乗ると規約違反だと脅したりします。
要するに女性に対しての性交を迫るようなメッセージは規約違反でさらに法に触れるといった脅し文句です。そもそも下ネタを急に送ってくる女性はまずいないでしょうし、その時点でサクラです。
下ネタに乗らない方が良いですし、仮に下ネタに乗った結果請求が来ても、それは無視して問題ありません。

ゆたか
悪質な業者の狙いは、個人情報の取得や金銭の要求やポイントの消費だよ。サクラ対策のためには、まずはサクラの目的を知るといいね。個々のサクラのメッセージは人によって異なるけど、目的を知っていれば対策も立てやすいはず。上で挙げたような誘導の様子が見られたら、それはサクラという判断ができるね。業者の狙いをそもそもわかっていなければ、自分が誘導されていることにも気づかないかもしれないよ
かのん
出会い系で女性から積極的にメッセージを送ることはほとんどないし、まず下ネタなんて送らないよ。女性には多くの男性から勝手にメッセージが来るから、自分から送ることは稀だね。よほど気になる男性がいれば女性からもメッセージするかもしれないけど、それでも警戒心はあるから距離は保ったメッセージにするよ。普通に初対面の人に送るような内容だね。エロい写メとか送るのはまずサクラだから引っ掛からないでほしい。冷静に考えればサクラに決まっているんだけど、男の人はときに冷静さを失ってしまうみたいだね

実際の業者の手口

悪質な業者の狙いを見てきましたが、実際の手口も見てみましょう。より具体的にどのような特徴があるのかです。
まずプロフはやたら美人の写真であることが多いです。ネット上で持ってきている写真なので、画像検索すれば出てくることもあります。個人ブログなどから持ってきている場合は自然な仕上がりの場合もありますが、商材写真を持ってきているケースも多いです。
要するにプロのカメラマンが撮影した写真をプロフィールに設定している場合も多いので、慣れてくれば違和感を感じるはずです。よく見ると光を加工していたりしますし、写真が綺麗すぎてかえって不自然に感じるはずです。
今は写真加工できるアプリなども多いですが、プロが撮影したものだと自撮りでなかったり、やたら角度を計算している印象を受けます。モデルのような撮り方をしているものは疑っておいた方が良いでしょう。

もちろん絶対というわけではありませんが、そういった傾向にあるという話です。

プロフィールの内容に関しては、スリーサイズやエロい内容は普通は書きません。多くの女性は男性から性的な目で見られることを警戒していますし、出会い系サイトであれば余計にでしょう。
そこであえて性的にアピールしたりはしないので、そういったアピールをしているものはサクラの可能性が高いです。冷静に考えればわかりますし、業者も多くの人が感づくことは想定積みです。
ではなぜそのようにわかりやすいプロフィールになっているのかというと、それに引っかかる人はその後の流れもスムーズに進みやすいからです。出会い系サイトにあまり慣れておらず、また冷静さも失っているので、思ったように動いてくれる可能性が高いのです。要するにいい鴨です。

まとめ

出会い系を稼ぎ場にしている悪質な業者の狙いや手口を見てきました。メッセージやプロフィールにサクラらしい特徴がありますが、なかにはうまく紛れているものもあります。
メッセージに下ネタも含まれておらず控えめで、プロフィールも真面目そうな印象を受けるサクラも存在します。
その場合の見分け方は難しいですが、上で挙げたような目標が存在します。表面上のやり取りに違和感がなくても、ポイント消費や誘導されている感じがすれば切るのが正解です。
そういうことなので、悪質な業者の手口と目的の両方を押さえておくと良いでしょう。

-サクラの見分け方と撃退方法
-, , , , , , ,

Copyright© ネットの出会い塾 , 2017 AllRights Reserved.